‪もうすぐJK卒業するJKの友人が「あたし、JKブランドとかよくわからない! はやく卒業したい」と言ってて、ぼくはなんとなく(それでいい)と思った。‬

‪若いってそういうことで、口で言っても理解もできない。実感は存在しない。‬若い頃にあれをしておけばよかったと後悔する人間のほうが圧倒的に多い。人類は知らないけど、日本人は多い。

‪無駄なことしかできない生き物なんだよなあ、と。あのときにあれができていれば、あれをしておけば、あれに気付いておけば。

そんな『あれ』と共に生きるのが人生なんだよな、と三十半ば近く生きて思う。たぶん早死にする家系なので、今は人生の折り返し地点だよなあと。

小賢しいんだよ、大人。だから、損をしている気分になるんだよ。でも、若さは失われるものだけど、それを持て余す頃はわからない。無駄にして、台無しにして、それが青春なんだよな、と。

だから若者を見ると言いたくなるんだよ。でも、若いなんて、ほんと十代の間だけ。どんなに頑張っても、25歳で年上を年齢で弄ってるようだと手遅れ。

「さっさと大人になりたい」と言っても、結局大人になるためには経験を積み重ねるしかない。むだに年齢ばかりを重ねてもダメ。

本当に若いならまだしも、二十代になってから『おじさん』を悪く言うのは、それだけ「自分は何も持ってません。若さを失ったら、何の価値もありません」と白状しているようなもの。

若さなんてものは、それを経験に変えて、自分を成長させられる『可能性』だから尊い。若さを失ったのなら、それなりの経験値を稼いで得てきた見識があるわけだから、敬う対象となる。

そんな当たり前のことをわからないで通せるのは10代まで。高校生の間だけ。許される年代だから、ブランドとまで呼ばれる価値がある。

かまけてないのなら、それは幸せなこと。きっと、若さを失ったとしても、面白い人間として成長できる。そう思う。

年の暮れ。卒業間近の若者たちは、若さを誇り過ぎないようにしてほしい。そんなつまらない人間に成り下がらずに生きて欲しい。

 

広告