ツイッター社がご乱心したらしく、絵師たちのアカウントが次々と凍結。祭りと呼ばれるこの悪のビッグウェーブは、ツイッターアプリ開発者にも襲いかかった。

悪質な通報凍結をする輩も問題だが、いつまでもそれらに言いようにされているツイッター社の体たらくも酷いものだ。

凍結された開発者のなかには、ツイッターと競合の可能性を秘めた『Mastodon』開発者や、ツイッターをまとめるサービスでモーメントと競合しているのではと囁かれる『トゥギャッター』開発者の姿もあった。

『Mastodon』はともかく、『トゥギャッター』は、煩雑なツイートを纏める機能に優れるツイッター密接型サービス。開発者のアカウントと紐付いていたため、凍結状態が続く今現在はその機能はほぼ停止している。

少し気になるのは、Mastodon開発者の凍結は一晩で凍結がとけた。トゥギャッター開発者の凍結解除になぜこんなにも時間がかかっているのか。

休日に突入してしまったがゆえに動けなくなったのか。ツイッター日本支社に発言力はないとよく話題になるが、真実味は増したといえる。

トゥギャッターのようにツイッター社への貢献度の高いサービスを蔑ろにさせておくのは、なんとも阿呆くさい。

ぼくは個人的にトゥギャッター利用者であり、その使い勝手の良さから推している立場だ。ツイート無断転載でPVを稼ぐ悪辣サイトを凌駕できる存在だからである。

コメント欄の荒れ方の酷さも目立ち始めているが、運営による管理も働き始めていた。まだまだこれからのサービスだ。

一刻も早い復活を願う。

広告