Fate/GroundOrder。

 

タイプムーンがスマートフォンゲームにて展開した、

Fate好きのためのFateファンゲーム。

 

無事、クリアしました!

スマホゲーでクリアという概念が存在するなんて思ってもいなかったけども!

 

いや、チェンクロがあったね。

データ飛んじゃってクリアしなかったけど、好きでやってたね。

あれもよかったけどね。

 

実に一年半!!

人類を救うタイムトラベルな冒険を終えることができました!

 

メインライターのテンションが上がっているので、

特異点はもう増えないそうですが、

聖杯を得られる機会はあるなんて話もありますね。

またシナリオあるのかー。楽しみだなー。

 

そんな物語を堪能できるゲームでした。

 

ネタバレなしの感想ってこんなもんかな。

やったことがないひとは、

期待なんかせずに、やってもらいたい。

 

あ、もういいですかね。

ここからはちょい最終章ネタバレ的な感じで、

ちょこちょこと覚書です。

 

今までの1章から7章までの冒険。

そこで現れた敵味方陣営を問わぬ英霊たち。

全員集結。

 

男の夢は、やはり全員集結。

 

これ第五次聖杯戦争の英霊は、

世界線的に出てこられないのかな。

あの冬木の戦争が起点の物語だものね。

 

ぼくは第四次ライダー陣営推し。

なのでイスカンダルと諸葛孔明ことエルメロイ2世、そしてアレキサンダー。

このへんの活躍があったので、個人的には大バンザイなシナリオでした。

 

ツイッターでは、

もう散々つぶやかれてる

ロマン・ショック。

 

これは逆にシナリオ上、当然の流れかなあと。

 

シャーロックに推理上、

「素性は知れないけども無害というはた迷惑な人物」みたいに称された。

むしろ悪の親玉扱いすらされていた。

 

そのへんは、

ロマニことソロモンのプロフィールの最後にある

「サーヴァントはたいていロマニをみれば悪いものだとおもう」設定によるところもあるのかな。

ありそう。

 

むしろ、二次創作組としては、

ロマニのこの設定をなんとなく活かしたくなるのでは?と思ったり。

 

ロマニに関しては、

彼はあの選択をして滅びたのだから。

だから、彼を蘇らせるためには、彼のその決意を反故にする必要がある。

そんなものを反故にするだけの理由ぐらいはいくらでもありそうなものだけども。

英霊の座からすら、いなくなってしまった彼をどうにかするには。世界線ごと変える必要がありそう。

 

でも、その変わった世界線では、どうなってしまうのか。

人理焼却によるエネルギーで惑星を組み替えるような、そういう作業が必要そうな。

どうなんだろうね。

 

彼が生きるなら、

それは彼らも生きることになるから。

 

ああ、そうだ。

ふと思ったんだけどね。

 

万能なソロモン。

彼らの、万能でなくなる悲しさ。

それはそのまま、

万能でない人間たちへの憐憫に繋がったのかな、と。

 

できる人間は、できない人間を、どうしても憐憫の情でみる。

バカにしているというより、

かわいそがる。

 

万能ゆえに、魔神王ゲーティアは、人類すべてに憐れみを抱いた。

憐れむから、救いたいと願った。

それが、死の存在しない世界。

 

死がなければ、

つねに安全ならば、

救いになる。

それを信じて、やろうとした。

 

でも、そんな人類は成長をするんだろうか。

困難を困難と感じない人類は、猿同然になりそうだけども。

 

それらをすべて、手を加えて、

育ててやろうと考えていたんだろうか。

もっと、効率化されたシステムを用意してたのだろうか。

 

魔神王ゲーティアは、

人類にとっての、

過保護な親になろうとしたのか。

 

見守っていて、

失敗ばかりに目をやって、

それらすべてを改善してあげたいと。

しないのはかわいそうだと。

そんな感じだったのかな。

 

見た目には、

管理された社会で暮らす人類になっていたようにおもう。

野生を生きるのではなく、養殖のような。

 

こう考えると、

養殖した肉を食べて生きるぼくたち人類は、

生き汚い存在なのかもしれない。

 

そういえば、

他にビーストがいるとすれば、なんなんだろう。

 

日本神話でいえば、

スサノオはどちらかといえば、

ビーストかもなーってふと思った。

 

2017のFGOはどんなシナリオをみせてくれるんだろう。

実に楽しみだ。

サントラ買おうかなあ。

広告