10月だね。
商戦の関係で、日本中がいまやハロウィンに染まる季節だと感じる。

ぼく個人の感覚でいえば、
もともと英会話教室なんてものに通っていたアホボンやったので、
ハロウィンの風習はとてつもなく身近な文化だった。
生まれて初めてのコスプレはケロケロケロッピの着ぐるみだったような覚えもある。

しかし、これが少数派であることはわかる。
それがあるから日本的だと主張するつもりはさらさら無い。

ただ、ハロウィンが日本の古来からの風習と全く合わないと言い出す輩がいるものだからね。
それは如何なものかと、民俗学を齧ったことのあるぼくからすると不思議に見える。

そもそも、ハロウィンとはなんぞや

ざっくりと、言えば、10月31日はケルト人の一年の終わりなのだ。
この日が彼らにとって、夏の終わりであり、同時に冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくるお盆のような、そういう宗教的意味の持った日なのだ。
同時に魔のものも訪ねてくる。悪さをされては困るので、仮装をする。己を魔のものに見せることで自衛をしようとしたわけだ。そして、その姿のまま、モノをもらって歩くなんて風習もある。この辺りがよく知られているところだろう。

要素だけ抽出してみると、
・境の日に魔が現れる
・盆の日に仮装をする
・子どもたちがモノを奪って歩く
のが、ハロウィンなのだろう。

これ、日本には無い風習なのか。
民俗学を齧ったことがある人間ならば、
これら全てに日本の風習が当てはまることにお気づきのはずだ。

境の日に魔が現れる

日本でも大晦日は、地獄の釜のふたが開いて餓鬼どもがやってくるなんて考え方がある。
境というのは、境界というのは、緩む日なのだ。
この世とあの世が曖昧になる日なのだ。
ハロウィンのこの部分は、大いに共感できるはずなのだ。

はははは、それぐらいはあるだろう。
そう思っている顔をしている。
わかるわかる。
他はないのだと思っているのだろう。

だがね、そうでもないのだよ。

仮装の風習が日本にもある

なまはげ?
ちがうちがう。
アレもそのようなものだけれども、
違うのだ。

子どもが死者に扮する祭りが日本にはある。
秋田に伝わる一日市の盆踊があるのだ。

死者に扮して死者を弔い踊る。
そういう風習が日本には古来から伝わっているのだ。

少々驚いただろうか。
日本にも仮装の文化が遭ったのだ。
仮装だけで日本的でないというのは大きな間違いだと言っておきたい。

子どもが何かを奪って歩く風習

こんな風習があるのか。
日本に本当にあるのか。

あるのだ。

旧暦の八月十五日には畑の芋をね。
そして九月十三日には豆を盗んでまわる風習があるのだ。

この時、盗みを働く子どもたちは神に見立てられる。
盗まれた畑は神に供えたという発想に至る。

逆に考えると、
ハロウィンに子どもたちがお菓子かイタズラかと迫るのは、
あれこそ神に供え物をするか、それともバチをあてられたいかと言い換えることもできる。

総評

日本古来に伝わる風習と、
ハロウィンの風習。
このふたつの共通点がこんなにもある。

なので『ハロウィンは日本的な風習ではない』という言説があるが、
ぼくにとっては、これまでの共通項からみて、
そんなことはないだろうと感じるのだ。

こじつけ、かなあ。
いや、まあ、民俗学における共通項の発見や、見立てなんてのは、
それこそ何もかもこじつけのようなものだしなあ。

別にこれらが学術的にそうだと証明したいわけではないのだし。

そう、これは戯れ言。
ぼくの暇つぶしのお遊びだ。

あなたの頭の中に、どうしようもないくだらない知識を植え付けられたなら。
ぼくとしてはそれで満足の限りである。

広告