はっきりいって、もうやんカレーのもつ、あの中毒性はなんなんだろうね。ビュッフェで1050円を握りしめていけば、腹いっぱい食べられる。これはとても嬉しい。野菜たっぷり食べられるのは健康的だし。カレーもがっつり食べられるので、あれほどの満腹感を味わせるビュッフェは他になかなか無いかも。

カレーだから量は自分のさじ加減。これが嬉しいね。もし、これがカリーのナン食べ放題だと、量の調節が出来ないから。あとセルフってのも嬉しい。

カレーのルーにぐつぐつに煮込まれた、大きい肉は豚も牛もある。激辛ルーで辛さの調節も出来るし、タンドリーチキンもしっかり味付けされてて美味しい。これを入れて、肉満載カレーを堪能することも出来る。しっかりタンパク質を摂れるのは案外嬉しい。

食べ放題じゃなければ、店員さんが用意してくれるのが嬉しい。ぼくは自分で焼くお好み焼き屋があまり好きじゃないんだよね。だって実家でお好み焼きをやるときは、自分で焼くわけだし。そんなことに楽しさを見出したりできない。たこ焼き屋も然り。

でも食べ放題は違う。これはちょっと違うわけなんですよ。何が違うかって、量の調節が出来るかどうかで、食べられる量がだいぶ変わってくる。キャバオーバーになるかどうかをギリギリまで調節することが出来る。だから、お得感がたっぷりあるんだよね。

もちろん、不味い飯で食べ放題じゃあ目も当てられないけどね。もうやんカレーはきっちり仕事をしてくれている。まー、店員さんの接客はなんとなく適当な感じはあるけど、食器やコップはきちんと綺麗にされてるし、不快感を感じたことはないかなー。

あー、こうやって書いていたら、また食べたくなってきた。もうやんカレー……。駅チカにひとつ、牛丼屋を配置するぐらいなら、もうやんカレーを配置して欲しい。それくらいのレベルで、好きな店。

広告