東京のラーメン屋って感じの店だった。悪くもなく、格段良くもなく、量は妙に多い。結果、なんだこの価格……、という不満感だけが残る。それが、ぼくの中での平均的な東京のラーメン屋ってそういうイメージ。

そうなんだよ。なんで、この味で、この価格なんだよ。ショバ代なんだろうけど、いわゆる物価のせいなのかもしれないけども、納得いかない。そんな価格に達するほどのクオリティがあるとは感じない!! そもそも、おいらラーメン好きじゃないってのもあるけどね!!!

ラーメン屋で1000円超えるなら、ラーメンにチャーハンぐらいはセットになってるもんだと考えている勢なんだよね。それぐらいの相場感で生きてる。そういう意味では高円寺は納得の価格感だから、新宿価格が納得いってないだけなのかも。

田舎者といわれれば、それまでなのかもしれないけどもさ。みんなが、あの価格感でも食べに行くから成立しちゃってるわけだよね。外食産業に関して言うと、超安くすればひとが多く来すぎて行列になり過ぎるってのがあるのかしら。

じゃあ、味は尖らせて、そもそもの客層を絞っているのかしら。そういうお店もあるよね。ひとが多すぎるからこそ、こういうことになっちゃうのかしらん。よくわからんけど。

ぼくはおそらく、ラーメンの味に関しては、さっぱりダメ舌なのだけなのかもしれんけども……。何よりも、価格が高いラーメンはあんまり食べたいと思わないなーっと、つくづく感じた。つるつると食べながら、そんなことを感じた。

広告