殺陣満載でチャンチャンバラバラをがっつり楽しめるのが嬉しい逸品。武芸百般の殿の居合術や侍たちの大立ち回りもカッコ良い。公儀隠密と抜け忍も出てくるので忍術合戦もなかなかに楽しめる。山田風太郎のような忍法は出てこない、けどね。基本的に テンポめちゃくちゃよいので、爽快感マックス。

そんな時代劇アクションだけじゃない。それがいいね。本当に脚本が凝ってるなーっと、しみじみ。押し寄せる困難を智慧者家老が奇策で打開していくんだけどもね。それがまたいいの。笑えて、かつ、ほー!そう来ますか!という気分になる。エンタメがいろいろ詰まっているんだよね。

佐々木蔵之介さんの泥臭くも心優しい殿様の演技、西村雅彦さんの苦労人で知恵者な演技、伊原剛志さんの飄々として男気あふれる忍びの演技、そして陣内孝則さんの憎々しい敵役の演技、他にもベテラン俳優陣による演技たちが、この作品を支えていたのかな、って。

世界観がきっちり作られているのは、俳優陣の実力があってこそだと感じる。忘れちゃいけないのは深田恭子さんの色気ある艶っぽい演技だね!!

あと心に残ったのはセリフのリフレイン。殿様のリフレインはちょっと不思議な気分になったけども、大立ち回りの前にある、武芸百般の下り。あそこがね。もうかっこ良すぎて、かっこ良すぎて。ひさびさに、時代劇を楽しめたなーって気分だった。


超高速参勤交代が気になったら、こちら


広告