本当に神になるゲームなんだよ、これ。指でなぞることで、大陸を変動させてね。信者たちを誘導して、村を形成させて、どんどん発展させていく。発展させると、色んな要素が出てくる。それがまた、いい感じの障害として立ちはだかってくれて、難易度設定が心地よい。

村が育ってくると、「ふふん、ドヤァ…!!」としたくなる気分になってくる。アスタリという異教徒集団の村もあって、そこの方が幸福度が高いと、こちらの信者を奪われてしまう。逆に、相手の信者がこっちにやって来ることもある。そういうイベントの多さも、また飽きさせないんだよなー。

元々の自然的なギミックもある。この辺りを見ていると、どうにかして、いい感じに利用してやりたいなーって心がふつふつと。基本的に無制限に大陸を変動させられるわけじゃないんだよね。奇跡を起こす為には、信者の信仰心を溜める必要がある。

野菜不足や石不足なんてことも、ストーリーを進めると出てくるんだよね。こっちは、畑を作ったり、鉱石場を作ることで解消できる。そうした特殊な施設を作るためにも、信仰心を大幅に必要とするんだ。あとは、隕石を落としたり、噴水を建てたり、いろいろとある。その辺りを充実させていく戦略性も必要かもね。

野菜不足になると、建物が建てられなく成る。石不足だと、マップを広げていく篝火の開発ができなくなる。いろいろと進めて行く上で支障が来されるわけだ。その辺、考えて、きっちり生産する場を作って…!ってね。そういうこと考えるのがまた面白い。

文化を進めて行くには、カードを集めたり、それはロックされているから、アンロックする為に、大陸にランダムに現れる宝箱を探したりと、ね。ミニマムな要素がいっぱいある。

バトルしない箱庭ゲーが好きってひとは、オススメかも。やってみるとよろし!

広告