https://twitter.com/motoyaKITO/status/561810801204281344

コミティア初参戦。オリジナル同人誌が溢れかえるイベントと聞いて、ひとによれば「オリジナルはそこまで盛り上がってない」なんて話も聞いていたのだけれども、充分なひとの賑い!そして、出店者の数! これが3ヶ月周期であるのか。なるほどなー。

初見で、何も調べずに飛び込んできた。ぼくの突撃取材の基本はこれなので、これ自体に問題はない。所感を掴むのはこれが一番いい。結果から言えば、だからこそ、いろんな作品を見て回れたし、まったく見られない箇所があるという膨大さも肌で感じられた。

とても心地よい場所だった。好きなモノを、好きだから、作っている。作りたいものを、作りたいから、作っている。その作品への熱が、作品の精度を恐ろしく上げている。だからこそ、その中には、もっと大多数のひとに向けて知ってもらいたいと感じるモノも多かった。

ぼくがライターを目指した一番の理由。それは、「面白いモノ、面白いコトを、いろんなひとに伝える立場になりたい」というものだ。一時期見失っていたけども、実際はそれなんだ。だから、NHK撮影現場の裏側を伝えるお仕事も、マンガを色んなひとに読んでもらう漫王の編集者としての仕事も、ぼくにとってはこの上なく、楽しい。やりたい仕事だから、楽しい。

コミティアの創作者たちと、もっと関わっていきたいと感じた。仲間になりたい。そして、知りたい。いろんなひと、いろんなモノ、いろんなコト。ぼくが知ることで、ぼくはそれをもっといろんなひとに伝えられる力があると信じてる。そのために動いてきたし、これからも動いていく。

次のコミティア…、とうらぶイベントとかぶってるんだよなー…。果たして、どうすべきか。3ヶ月後の、コミティア系作家さんの調査状況によるのかもしれないけども。うん。

本日、くだらないトークにお付き合い下さった方々、本当にありがとうございました。よろしければ、漫王や、他の企画でも、面白いことができればなーっと、真に考えております。まあ、それ抜きにしても、仲良くしてくだされば、と。

広告