新宿のらあめんが無性に食べたくなった。それで試しに行ってみたのが、この満来。歴史あるラーメン屋との話を聞いたのだが、内装は妙に綺麗だった。改装したのだろうか。そもそも、ぼくはラーメン自体がさほど好きではない。だが、極稀に舌に合うラーメン屋がある。

それを探すために、ラーメン屋に足を運び続けているのだ。

今までで一番、舌に合ったのは、和歌山市園部の四天王ラーメン。チャーシューが他の追随を許さないほどのクオリティをしている。麺も、スープも、全てがそのチャーシューを見事に強めている。ラーメンが好きというより、ラーメンのなかに眠るチャーシューが好きなのかもしれない。

このラーメン屋を選んだのは、ネットで調べたレビューにあった肉塊ラーメンの響き。チャーシューだけを求めていってみた。チャーシューラーメンに挑戦してもよかったのだけれども、今年初めにインフルエンザを患ってから胃が小さくなっている。なので、スタンダードなラーメンを試して、チャーシューを試すことにした。

結論から言うと、んー、僕が求めるチャーシューとは違った。全体的に、一般的なラーメン、という味で、ソツがない。特筆すべき文句もないけども、ぼくの心に刺さるところもなかった。悪くはない。でも、あのチャーシューはボリュームが更に倍あったとしても、本当の意味での満足には至らなかった。

ちょっと残念。でも、本当に悪くはなかった。

広告