したたかに呑んで、はらいっぱい喰って、記憶も何やらも曖昧になった。

インストック。浦山師匠を慕うひとびとが集まり、其処で何かが渦巻き、新たな情報が飛び交い、そして、時には悪巧みも生まれる。研鑽の場であり、新たな発見がある場だと感じている。身を置いていることに、感謝を感じる場は少ないだろう。

次は「夏越の祓」の時期なのだとか。

広告