ある日、ハッシュタグ大喜利に参加したら、こういうことがありまして、そこで、モトタヌキという謎の妖怪が生まれたわけです。なんじゃそりゃーって感じで、冗談でイラストかいてみてよー!と期待してみたら、超速攻ジェバンニで描き上げてくれた。


これが噂のモトタヌキだッ!!!


別に噂になっているわけでもないだろうけども、気に入ったのでツイッターアカウントのアイコンにもしてみた。超雰囲気が似ているというリプも多かった。おう、腹回りっていったやつ、全員ほっぺた出せ。ドロップキックするから。そこに慈悲はないから。

タヌキになったことを呟いたら、早速日本タヌキクラブなる狸愛結社からのFAVが来た。というか、ツイッター上には本当いろんな情報キュレーションをしているアカウントがあるんだね。しみじみとビックリした。


せっかくなので、タヌキ怪異トリビアを呟いてみた


タヌキとキツネの化け比べは、基本的にタヌキの方が人間文化を理解しているので、キツネよりも化かすのがお上手ってオチが多かったりする。キツネが稲荷信仰で神使とされたことが関係しているのかな。タヌキ自体は、神として祀られていることもあるそうだけれども、稲荷信仰ほど全国的に広まっているイメージはないよね。

妖怪学を専攻していた頃、稲荷信仰は手に負えないなーと思って、かじった程度で、がっつり調べたわけではないけれどもね。それでも、キツネの怪異エピソードはコックリさんもあって、本当に大量なんだよなー。今も、巷には流れているのかしら。キツネの噂。

ここは是非とも、タヌキとして一念発起し、勢力図を塗り替えねば!

広告