Fate/zeroは、キャスター討伐戦が終わってからは激動の連続だもんね。そこまでは、じわじわーっと小競り合いを繰り返しつつ、人物の深堀りをしていたのにね。此処からは一気にすべてが動き出す。愉悦部も結成されちゃうしね…。

小説やドラマCDから入ったひとたちが、アニメは情報が足りないよー。面白いけど、足りないよーって嘆いていたけども…。コミックは情報量が多めなので、アニメよりも作品理解度が高まった気分。

雁夜おじさんが、本当は戦略を練って時臣に挑んでいたのにも関わらず、それすらも看破されて、完膚なきまでに敗北していた事実とか…、ね。

此の巻ではないけども、桜ちゃんと刻印虫のまぐわいやら、龍之介の屍体遊戯もガッツリ描写されてた。グロいけどね。だからこそ、凄惨さが際立ってた。

キャラクターのデザインがアニメとは、ちょっと違うってひとも多いけどねー。まあ、あんまり気にならないかも。


今回、レビューした漫画


広告