【会場までの道のり】


本日はカンカン照りでなく、なかなかに過ごしやすかった。東京ゲームショーへの参加は人生二回目。前回はリアルタイム更新への挑戦を試みたので、忙しないことこの上なかったけれども…。今回はゆったりと己の気の赴くままに回ることができた。


【DMM関連】


やはり、気になるのは艦これ!一直線にDMMゲームコーナーに行っちゃった。天龍龍田のフィギュア展示があったのでホクホク。これ、可愛いよなあ。天龍、可愛いよなあ。銃女子萌え属性のあるぼくは、ハウンズの公式レイヤーの方も堪能しちゃったぜ。


【GREE関連】


2013年より、規模感が縮小しちゃったなあ。でも、各タイトルをイメージさせる公式レイヤーたちが集まってのライブは楽しげだった…。他のゲーム体験待ちをしていたので、撮影できなかったのが残念。見応えバッチリだったのにな。


【バンダイナムコゲームス関連】


バンナムのブースは「とりあえず見とけ」って話をよく聞くけども、本当に壮大なんだよね。いいねえ、本当にたまらんものがある。ジャンプ版権がっつり掴んでるので、ジャンプフリークにはたまらないものもチラホラ。今回はストライクガンダムとゴジラもすごかったなあ!


【ブシロード関連】


エヴァコーナーのバイクはなかなかに見応えあった。カッコ良い。レイヤーさんを隣に配置してほしかったなあ。アスカとかレイとか、さ。ミルキィ新アニメやバラエティ番組の告知で大盛り上がりだった。出演声優さん勢揃いだったのも熱いね。


【MGS関連】


やっぱりメタルギアソリッドは見逃せない。飛び去る羊がなかなかにシュール。トレーサームービーをぼんやり眺めていたけど、やっぱり凝ってる。面白そうな匂いがプンプンしたけど、難しそうな気配もプンプンしたぜ。


【地球防衛軍関連】


四六時中ゲームばかりしていた高校時代。シンプルシリーズでハマったゲームは「THE 原始人」と、この「THE 地球防衛軍」だった。えらく見事で、立派なもんになったもんだなあと感心した。ここまでの大物に成り上がるとは思ってもみなかったなあ。


【モンハン関連】


どうも、ガンナーです。というわけで、取材メンツ4人で最難関クエストに挑戦してみた。制限時間15分。結果は3乙。いやあ、やっぱり最火力がいないと狩れないね。でも、ぼくガンナーしか楽しくないんだよなあ、モンハン。新仕様の3DSを弄ったけども、あれはなかなかに面白かった。視点変更ボタンがね、あるの。使いこなせたら、よりゲームが楽しく展開しそう。


【他にも気になったブース関連】


おなじみのゲームメーカーのブースや、プレゼント企画をしているブースがやっぱり気になった。ウォーゲーミングジャパンは今回は艦隊に手を出していた模様。2013年は戦車だったのが砲台になっていたので、ちょっと見応えは下がっちゃったかなあ。相変わらずの軍隊系女子は可愛かった。ちなみにセガAppでぷよクエのグッズ、あとメガネ女子から電磁場カットメガネをGETしちゃった。オトクな気分だぜ。


【思わずときめいた公式レイヤーさんたち】


一般デーなら、一般レイヤーさんもいるから、レイヤー鑑賞なら一般デーの方がいいんだろうなあっとしみじみ感じるところはあるけども。やっぱりビジネスデーの良さは、このゆったり感。ひとが少ないから、じっくり見て回れる。公式レイヤーさんの撮影も一般カメコがいないから、手早く終わるので順番の回転も早い。いろんなレイヤーさんを愉しめるのが嬉しいね。いっぱい堪能して満足である。


【ゲーム大賞関連】


ゲームのムービー化方面はまだまだ発展し続けているなあと感じつつ、やっぱり今季の目玉は「妖怪ウォッチ」なんだなあと再確認。ソシャゲの年となったのが2013年だったけど、2014年はソシャゲにそこまでの勢いを感じなくなっちゃったのが正直のところかも。もちろん、面白いソシャゲはある。「白猫プロジェクト」にハマッているし、「クラッシュ・オブ・クラン」や「ブーム・ビーチ」は根強くやってる。朝は「ラブライブ!スクールフェスティバル」から始まるし、時折「ディノハンター」を楽しむのもよいものだ。

ソシャゲが廃れたというわけではなく、帯びていた異常な熱気が取れた、という感じなのかなっと。その代わりに伝統ゲームメーカーたちが「まだまだヤレるぜ!」と安定感を見せてきたのが2014年だったように感じた。FPSもあちこちに増えているけど、ブームになりきらないのは、その荒々しさゆえなのかしら。もしかしたら、2015年はFPSが燃え上がるかもしれないよねえ。

そんなことをぼんやり考える。そんな2014年東京ゲームショーだった。

広告