J-WORLDと、サンシャインでハイキュー充できるときいて行ってきた。今、自分のなかで一番ハイキューが熱い。もう、いろいろ貢ぎはじめてる。嗚呼、嗚呼。

J-WORLDってのは、池袋にあるジャンプを堪能できるエンタメスポット。そろそろ、20年近く、ジャンプ読んでるからねえ。銀魂も勿論好き。嗚呼、このシーンうざ面白かったなあ。

ハイキューだけでなく、いろんなジャンプを愉しめる。銀魂、ナルト、HUNTER×HUNTER、ドラゴンボール。他にも、テニプリやらいろいろあるから。うん、楽しみ尽くした。

入り口のとこでは、キャラクターの声が聞けるブース中央の円座の中のモニターにいろんなジャンプキャラのカードがうごめいていて、それが輝いた瞬間に触れると、大型モニターにキャラクターが映しだされて、決め台詞を喋る。

ハイキューキャラもちょくちょく居た。でも、及川がなあ。ふらふら動いてるけど光らない。ウルキオラとか、ヒソカもひらひらしてたような。んんん、録音されてないのかなあ。悲しい。

J-WORLDでは、その作品の特徴を使ったミニゲームが愉しめる。でも、屋台のローリングサンダーははちゃめちゃ難しい。出来る気がしなかった。坂ノ下商店のミニゲームは肉まんを選ぶだけなので、本当に運試しだけれども。

ミニゲーム以外にもブースがあったり、ちょっとしたお遊びができるコーナーがあった。こういうのもきっちり作ってあるのが楽しかった。写真の出来がイマイチだったので、掲載していないけれども、キャラごとのロッカールームもあった。中は、そのキャラっぽいものがつめ込まれていて面白かった。

自販機には実際には買えない展示品だけれども、キャラクターをイメージしたドリンクが展示されていたのは面白かった。これ、販売してくれないかなあ。及川の味がドクダミ味なのに超炭酸という嫌がらせでしかない味なのが逆に興味そそる。

ブースのあちらこちらにカラスが潜んでいた。こういうの、探すのも楽しい。とてもよい。

フードコートで、ハイキューメニューを堪能。大王様のミルクケーキがすっげーシツコかった。のつこつって感じのバターな感じ。嫌いじゃないけど、紅茶が欲しくなったなあ。

展望台の頂の景色も眺めにいってきた。全部同じ建物の階層違いだった。ハイキュー推されてるね。アニメ化されるとこういうのあるから嬉しいね。

アニメ出演した、烏野、青葉城西、音駒の展示だった。もっと連載盛り上がって、アニメもどんどんやってほしいなあ。そしたらイベントがもっと盛り上がるのに!

メイン展示は声優さんのサインが入ったキャラクターTシャツ。やっぱり烏野が色とりどりでかっけぇーなあ。青葉城西の青シャツもいいんだけどね。

パネルやら、ボールやらシャツやら、本当にいろんな展示がされてた。所狭しって感じがよかった。イベント企画スタッフのハイキュー愛を感じたよ!

せっかくなので、各高校コラボドリンクと合宿カレーを食べてきた。カレーは3カットあるけどひとつ。ドリンクでもフードでもコースターもらえるのが嬉しかった。

撮影はしていないけど、J-WORLDでは青葉城西タオルも手に入れた!テンションあがる!おもわず、グッズ屋にもいって、ちょっと及川グッズを買ってしまった。はあ、やや沼。バボカ手を出したら帰ってこられない気配がぷんぷんしているから、未だ様子見。

そんなこんなで池袋サンシャインでハイキュー充レポ完了。

広告