モトタキの物書き活動録

注目

サブカルなことを書いて飯を食うひと。
新しい遊び、モノ、コトを伝える。

ツイッターID
https://twitter.com/motoyaKITO

紙媒体執筆経験
http://qq3q.biz/sJjE

ネットメディア執筆記事&イベレポまとめ
https://togetter.com/li/1077122

カクヨム(小説&コラム)
https://kakuyomu.jp/users/motoyakito

ニコ生コミュニティ
http://com.nicovideo.jp/community/co394421

初夢

正月2日、あるいは元旦にみる夢を『初夢』と呼ぶ。一日の吉凶を占う夢。一富士二鷹三茄子四扇五煙草六座頭、なんてものがでると縁起がいいとされる。今時は三までも知っているかどうかは怪しいところになってきたが。

皆さんは、どんな夢を見たのだろう。ぼくはといえば、これはもう淫夢と珍夢だった。

元旦の夢

元旦の夜。ぼくがみた夢は、3人の風俗嬢によるゆるい日常をお送りするアニメーションだった。3等身キャラクターの娘3人が雑談をしているお話だった。

仕事は仕事と割り切って、稼いだ金で鎧や刀や茶器を買い集める娘1。処女の妹がいる。妹のことを溺愛している。 娘2は大人しめで物静かだけども、プレイ中はめちゃくちゃ激しくてハート飛びまくる。客に心から依存するタイプで、トラブル起こす。そのことを娘1によくからかわれる。

娘3は天然。通り越してサイコパス。常に何かと交信してる。あんまり喋らなかったのでキャラはいまいち把握できず。テクニックはピカイチ。

風俗嬢の友人曰く、誰も彼も恋をする可能性はないと断言しているのだし、それを知っているぼくがみる夢としてもなんともチープだ。花魁をそのまま現代に持ち込んだような世界観だったのかもしれない。

二日目の夢

一月二日の夜にみた夢は、うってかわった世界観だった。マンガのルビ振りが文藝にまで高められた世界。どちらかといえばライトノベルのルビ振りかもしれない。そこにある熟語に当てる次第で売上が大きく変わる時代とされていた。

推敲に推敲を重ねて、最高のルビを考え続ける日々。皆が唸り、そして生み出せた時の感動はひとしお。少年漫画、少女漫画、関係なく、ルビ振りの仕事はやってくる。それらを読み解き、よりそれにあった表現を探し出す。

こんな仕事は、目が覚めてみりゃ存在しない。ファンタジーな仕事だ。だって、ルビふるのにそれ専門の仕事が存在するなんて、どんだけ儲かってんだよ、その業界。その世界に行きたい。いや、その世界になって欲しい。そこでぼくの仕事があるのかどうかはわからないけども。

でも、そのあと、なぜか高校時代の期末試験のようなものを受けることになっていた。内容はマンガに関することだったけども。どんだけマンガ好きなんだ。そりゃ、マンガ好きだよな。なんて思いつつ、2017年はもっと書物とマンガで行きていきたいと強く思った。

年末年始もFGO三昧

2016年12月31日、Fate/GroundOrder(以降、FGO)のアニメ化映像が放送された。焼却された人理を取り戻す戦いは、実に1年半の時をかけた大いなる戦いだった。最終章では、リアルタイムでゲームを追いかけていればいるほど、その感動が高まるシナリオであった。

アニメでは0章とも呼ばれる、焼却された冬木にタイムシフトしての冒険劇だった。タイムシフトとはいってしまえばタイムスリップだ。FGOはタイムスリップをして、時代が崩壊する特異点を修正するために、人類のために戦う物語なのだ。

さて、そんなシリアスなストーリーであるが、ギャグ要素も多いのが、このFGOの魅力のひとつである。

FGOアニメ主人公藤丸立香はイケメンだったけどゲーム版はめっちゃはっちゃけてることを知ってほしい

https://togetter.com/li/1066217

こちらを御覧いただきたい。特に期間限定イベントの主人公のセリフはぶっ飛んでいる。ぶっ飛びすぎてプレイヤーから賛否両論が出たほどだ。それほどまでに振り切っている。当然ながら、FGOにどっぷりハマったユーザーのファンアートも笑えるものが多い。

『笑ってはいけない魔術協会カルデア査察24時』はFGOマスターの心をくすぐるネタ満載

https://togetter.com/li/1066215

FGO格付けチェックのファンアートがサーヴァントがめっちゃ可愛い「ボコボコになる円卓」「アルジュナVSカルナ」他

https://togetter.com/li/1066250

こういうの公式でもやりかねない、そういう素地のある作品だと知っておいていただきたい。4月1日のエイプリルフールは、すでに期待している人も多いだろう。実際、本筋である第一部が終わった後のエイプリルフールである。何をしでかすかわからないエイプリルフールである。

かつて、FGO開始前では、ツイッター上で大規模なエイプリルフール企画をやりきったこともある。それはエルメロイ2世とケイネス・エルメロイ・アーチボルトの物語を主流としつつ、ブラックユーモア溢れるギャグ展開の連続だった。最後はしんみりと泣かされた。

エルメロイ2世とケイネス・エルメロイ・アーチボルトに関してはFGOの期間限定イベントであるFate/zeroコラボ「fate/accel zero order」でも描かれた。こちらに関しては、今からFGOをはじめたとしても見ることはできないかもしれない。

復刻イベントを運営がやってくれることを祈るばかりである。ていうか、やってくれ。頼む。

FGO初心者講座まとめ「低レアおすすめ英霊」「再臨バレ」その他
https://togetter.com/li/1066153

シナリオが大いに感動できたと盛り上がり、ゲーマー声優・中村悠一(36)が参戦したこともあり、どんどんFGOをスタートしている人が増え続けているように思われる。

これから1.5章と呼ばれる4つの物語が展開された、そして、その向こう側には2部が待ち受けている。どんなシナリオが待ち受けているのか。当分、FGOは楽しませてくれそうだ。

勝手に選ぶサブカル流行語大賞2016の特別賞『ファビュラス』

勝手に選ぶサブカル流行語大賞2016なんてものをツイッターのあれこれを見ながら、自分なりに定めていた。定めていたのだけれども、それを一気にぶっ飛ばす最強の流行語が生まれた。

C91。つまりは冬コミケ2016。ここに日本におけるセレブの代名詞・叶姉妹が降臨したのだ。小林幸子、西川貴教が出展した際も話題になったが、まさかの一般人参加である。叶美香がブログにて繰り返しつかった語彙が「ファビュラス」だ。

伝説的、みたいな意味があるこの言葉。いわゆる腐女子の語彙といえば「尊い」である。そして、取り巻きのあの男衆「グッドルッキングガイ」にも注目が集まり、その対語である「バッドルッキングガイ」も大いに使われた。

叶姉妹の参戦。おそらく、これから先、これほどの衝撃は二度と無いだろう。

ツイッターでの報告によれば、叶姉妹が訪れたホールでは、十戒のモーゼが海を割るかのように、人の海が割れたそうだ。なんだ、それ。ファビュラスかよ。いや、もう、それファビュラスだろ。ていうか、ファビュラスな香りってなんだよ。グッドルッキングバディ、ぼくも見たかったよ。なんだよ、ずるいぞ。ずるいぞ、今日、叶姉妹に出会ったすべての人間はもうファビュラスだよ!!

そんなわけで、ぼくのなかの流行語が「ファビュラス」になった瞬間でした。ええ、もう、これ文句なしに一位でいいです。大方の予測通り、叶美香はジョジョの薄い本を購入したようで。戦利品はぜひとも楽しくご閲覧ください。

FGO人理修復

Fate/GroundOrder。

 

タイプムーンがスマートフォンゲームにて展開した、

Fate好きのためのFateファンゲーム。

 

無事、クリアしました!

スマホゲーでクリアという概念が存在するなんて思ってもいなかったけども!

 

いや、チェンクロがあったね。

データ飛んじゃってクリアしなかったけど、好きでやってたね。

あれもよかったけどね。

 

実に一年半!!

人類を救うタイムトラベルな冒険を終えることができました!

 

メインライターのテンションが上がっているので、

特異点はもう増えないそうですが、

聖杯を得られる機会はあるなんて話もありますね。

またシナリオあるのかー。楽しみだなー。

 

そんな物語を堪能できるゲームでした。

 

ネタバレなしの感想ってこんなもんかな。

やったことがないひとは、

期待なんかせずに、やってもらいたい。

 

あ、もういいですかね。

ここからはちょい最終章ネタバレ的な感じで、

ちょこちょこと覚書です。

 

今までの1章から7章までの冒険。

そこで現れた敵味方陣営を問わぬ英霊たち。

全員集結。

 

男の夢は、やはり全員集結。

 

これ第五次聖杯戦争の英霊は、

世界線的に出てこられないのかな。

あの冬木の戦争が起点の物語だものね。

 

ぼくは第四次ライダー陣営推し。

なのでイスカンダルと諸葛孔明ことエルメロイ2世、そしてアレキサンダー。

このへんの活躍があったので、個人的には大バンザイなシナリオでした。

 

ツイッターでは、

もう散々つぶやかれてる

ロマン・ショック。

 

これは逆にシナリオ上、当然の流れかなあと。

 

シャーロックに推理上、

「素性は知れないけども無害というはた迷惑な人物」みたいに称された。

むしろ悪の親玉扱いすらされていた。

 

そのへんは、

ロマニことソロモンのプロフィールの最後にある

「サーヴァントはたいていロマニをみれば悪いものだとおもう」設定によるところもあるのかな。

ありそう。

 

むしろ、二次創作組としては、

ロマニのこの設定をなんとなく活かしたくなるのでは?と思ったり。

 

ロマニに関しては、

彼はあの選択をして滅びたのだから。

だから、彼を蘇らせるためには、彼のその決意を反故にする必要がある。

そんなものを反故にするだけの理由ぐらいはいくらでもありそうなものだけども。

英霊の座からすら、いなくなってしまった彼をどうにかするには。世界線ごと変える必要がありそう。

 

でも、その変わった世界線では、どうなってしまうのか。

人理焼却によるエネルギーで惑星を組み替えるような、そういう作業が必要そうな。

どうなんだろうね。

 

彼が生きるなら、

それは彼らも生きることになるから。

 

ああ、そうだ。

ふと思ったんだけどね。

 

万能なソロモン。

彼らの、万能でなくなる悲しさ。

それはそのまま、

万能でない人間たちへの憐憫に繋がったのかな、と。

 

できる人間は、できない人間を、どうしても憐憫の情でみる。

バカにしているというより、

かわいそがる。

 

万能ゆえに、魔神王ゲーティアは、人類すべてに憐れみを抱いた。

憐れむから、救いたいと願った。

それが、死の存在しない世界。

 

死がなければ、

つねに安全ならば、

救いになる。

それを信じて、やろうとした。

 

でも、そんな人類は成長をするんだろうか。

困難を困難と感じない人類は、猿同然になりそうだけども。

 

それらをすべて、手を加えて、

育ててやろうと考えていたんだろうか。

もっと、効率化されたシステムを用意してたのだろうか。

 

魔神王ゲーティアは、

人類にとっての、

過保護な親になろうとしたのか。

 

見守っていて、

失敗ばかりに目をやって、

それらすべてを改善してあげたいと。

しないのはかわいそうだと。

そんな感じだったのかな。

 

見た目には、

管理された社会で暮らす人類になっていたようにおもう。

野生を生きるのではなく、養殖のような。

 

こう考えると、

養殖した肉を食べて生きるぼくたち人類は、

生き汚い存在なのかもしれない。

 

そういえば、

他にビーストがいるとすれば、なんなんだろう。

 

日本神話でいえば、

スサノオはどちらかといえば、

ビーストかもなーってふと思った。

 

2017のFGOはどんなシナリオをみせてくれるんだろう。

実に楽しみだ。

サントラ買おうかなあ。